家族同士で気持ちを伝え合うことは、とても大事だ。

特に、相手を褒めたり、感謝を伝えたりする言葉は、あればあるだけ伝えたい。

しかし、

思春期真っ只中の子どもを褒めるのは、なかなか手強いものである。

素直になれない!

褒められて喜んでいる姿を見られるのは恥ずかしい!

というお年頃だ。

きっと我が子ならば、そんな姿もかわいい。かわいいだろうが、こちらとて、響いている感じがしない相手を褒め続けたり、感謝し続けるのは、容易ではない。

そんなときは、【スカッシュ方式】で伝えてみるのはどうだろう。

そんなときは、【スカッシュ方式】で伝えてみるのはどうだろう。

【スカッシュ】は、ロンドンで生まれたスポーツだ。簡単に説明すると、2人で交互にテニスの壁打ちをする感じのものである。

そう、相手に【直接】ではなく、【壁に一度打ち付けて(他の人間を経由させて)】伝えるのだ。

人間は、直接褒められるより、「誰かから聞いた話(褒め言葉)」になると、嬉しさが増す生き物である。

「お父さんが『〇〇は、最近がんばりよるな。』って言いよったよ!」

「先生が『〇〇さん、授業中に発表する回数が増えていますよ。素敵です。』って褒めてくれよったよ!」

【日頃何を言っても響かない人でも、「誰かから聞いた話」は、素直に心に響く。】

不思議と、このスカッシュ方式で聞くと、褒めてくれていた相手への警戒心や嫌悪感も減り、関係も良くなることが多い。

思春期で会話が減ってきたと感じることがあれば、いい会話のきっかけになるかもしれない。